街はすっかりクリスマスのイルミネーションに彩られ、華やかな季節がやってきました。
オミクロン株にはまだ心配が残りますが、日本では新型コロナの感染者もちょっと収まって来ていて、Happyなクリスマスをお迎えになる方も多いことかと存じます。

ところが、この新型コロナの状況、日本だけはすっかり収まって来ているかのようですが、海外ではそうでもなく、年末のお肉屋さんの商売事情にも関係して来ております。

と言いますと、クリスマスといえばチキン、丸鶏のローストとか鶏もも肉など、お子様の大好きな鳥のお肉がピンチなんです。
鶏の原産国、輸出国として日本の精肉卸の会社が当てにしているタイの養鶏所の出荷がまだまだままならないのです。

したがって、日本国内の鶏が高いお値段で出回ります。例年のように、お子様が喜ぶ、美味しいけどお手頃で家計の味方だった鶏が今年は安くないのです。

そんな折、鶏肉に代わって市民権を得てきたのはローストビーフです。
このローストビーフ、ご家庭でも割と簡単に美味しく調理ができます。
しかも、さほど高価な牛のブロックではなくて、しっかりと歯ごたえのある牛肉が人気を集めていて、ともすれば鶏よりも安いお買物で贅沢な味が楽しめてしまうのです。

ということで、「今年のチキンは高い!」とお嘆きになる方には、ご自宅で美味しいローストビーフを作ってあげてはいかがでしょうか?

それでは、素敵なクリスマスをお過ごしになることをお祈りいたします。